うつと不眠を経験して

 
自分の楽天的な性格の事を考えると、うつ病とは無縁だと思っていま
したが、実際に経験すると【誰にでもなる可能性があるもの】
なんだという事を実感しました。
当時、営業職の仕事をしており、意欲的で社内でも非常に良い
営業成績でした。
成績を上げる為と上位を維持する為にかなり努力もしました。
仕事もプライベートも充実しており、楽しく生活を送っていた時に
自分の中で異変が起きたのです。
それは【不眠】です。
普段の生活に支障が出たのが、【不眠】の症状でした。
夜、消灯して布団に入って目をつぶっても3時間以上経過して
からでないと眠りにつけなかったり、目をつぶっているだけで
眠れないまま朝になってしまったりという状態を繰り返すうちに、
起床して朝から仕事に行く事が辛くなってきました。
一ヶ月以上不眠の状態が続き、仕事も休みがちになってしまい、
営業成績もガタ落ちです。
あとは、ネガティブな事を考えたり、ただテレビを見ている
だけなのに涙が流れてきたり、自分でもよくわからない状態になりました。
この状態を相談する身近な相手もいなかった為
(人に相談するのが恥ずかしいと思っていた為)
会社の健康保険組合の相談ダイヤルに匿名で電話をかけ相談しました。
すぐに心療内科の受診を勧められ、通院する事になりました。
カウンセリングの結果、【うつ】と診断されました。
何がうつの大きな原因というのはありませんが、仕事をちょっと
頑張り過ぎていたのかな〜という感じです。
会社や自分自身でプレッシャーを与え過ぎていたようです。
しばらく心療内科と睡眠導入剤のお世話になり、今は何とか薬に
頼らずに眠れるようになりました。
今は、転職して別の職種の仕事をしていますが、あまり自分に
負担をかけないようにしています。

うつ不眠 セロトアルファ